「新 中國鉄道案内記」その3


●岡山驛:岡山市萬町(今の岡山気動車区辺り)にあり、建坪72坪、機関車庫133坪、客貨車子庫167坪、貨物庫48坪、驛員舎65坪

●玉柏驛:御野郡玉柏。建坪48坪、貨物庫18坪、驛員舎21坪

◎管掛の掘鑿:人も通れないくらいの難所を切り開き、軌道を見上げれば、一面に岩が突出して、今にもおちてきそうである。ここの急な弧を描く線路の下は、旭川も折れ曲がり、深い川の青さは素晴らしい眺めである。

◎手立隧道:野々口の手前2.1km余りにあり、その長さは凡そ500mで、煉瓦で巻いてあり、下部の直壁は花崗岩で、その厚みは約45cm。硬い岩盤であったため、工事は困難を極めた。

●野々口驛:津高郡野々口。玉柏驛と同じ

◎岩子の藪:この藪のある旭川の岸は、凡そ24mの高さの岸が二段崖になっていて、最上段が線路、中段が県道、その下に旭川が流れていて、眼下に青い流れを見ながら、行き過ぎて振り返れば、素晴らしい景色である。

●金川驛:津高郡金川村。岡山より約19kmにあって、宇甘川が合流する為、備作交通の要地為、非常に繁栄しており、郡役所、警察署、岡山区裁判所出張所、郵便局、津高・赤阪両郡の収税署がある。驛の建物は、48坪、貨物庫24坪、驛員舎27坪。旭川の西岸の県道を北に行くと鹿瀬の渡しに達する

宇甘川鉄橋:金川驛より、800mの所にあり長さ114mのガーダー式。一つの橋桁が21mのものを8つ架けるために7つの橋脚を設けている。線中、二番目の長さである。

箕地隧道:金川驛より、約4kmあり、長さは730m余で構造は手立と同じ。四五年前までは、このように岩石のみの隧道では煉瓦を巻かないとしており、鉄道局もこの説を採っていたが、時間の経過とともに、火薬で切開した際に岩が欠け落ちてくるため、煉瓦を巻いて安全を図った。

旭川橋梁:福渡驛手前680mにあって、全長183m余のガーダー橋。一つの橋桁は24m、橋脚の高さは9mで基礎をコンクリートで固め、煉瓦づくりで、水切りは花崗岩製を七基設けて8基のガーターを架している。これまで、避けてきた旭川の渡河をやっと達成し、作業員はホットしたことであろう。線中第一の橋梁である。

●福渡驛:美作久米南條郡福渡村。線中驛の第一で岡山から30.5kmで、因幡街道と伯耆街道が合流する処で、米穀、薪炭、建築用材、燐寸の原料である木材染料コルクを作る槙の皮比等が集まり牛馬市場も時々開かれ繁栄している。驛舎は60坪、貨物庫24坪、驛員舎27坪。福渡には、煉瓦工場がある。

福渡隧道:驛を出て、800mにあり長さ、64mで構造は、手立、箕地と同じであるが、眺望は第一で隧道と並行し県道が走りその下を弓削川が流れ、川の向こうは田畑で、遥か向こうの建部あたりであろう山辺に朝霧がたちこめる際にここを通れば、絶景を眺めることができる。

●弓削驛:久米南条郡下弓削。誕生寺川左岸にあり久米南條・北條郡役所、収税署、津山区裁判所出張所、警察署、郵便局があり、牛馬市場もたつ。驛の大きさは金川と同じ。

◎魔神ケ瀧:停車場から西方約1.9km西山寺を過ぎ、松村より渓流沿いに行くと、水の勢いよく流れる音が聞こえてくる。絶壁に、雌瀧、雄瀧と呼ぶ二つの瀧がある。この水を洗顔清水と呼び、旱魃の際に鬼面をここで洗えば雨が降るとの言い伝えがある。その鬼面と巻物は本山寺にあるという。夏にはここで涼をとるものが多い。

◎正酎:弓削は良い焼酎のある処として有名で、その昔、後醍醐帝が賞味して、ここの焼酎にのみ「正酎」と書すべきだと話されたと言うことである。

●誕生寺驛:久米南條郡稲岡村大字北庄里方。西方にある誕生寺より命名。建坪35坪

誕生寺:源空誕生の地。建久4年弟子熊谷何某に命じこの地に創建させた。源空は浄土宗の開祖で、圓光大師の大師名を朝廷より与えられた云々。寺院の規模、お会式などの行事など紙面の多くを割き記載している。誕生寺池があり、その池を横切る線路の景観は素晴らしい。

(文省略)

●龜甲驛:久米南條郡原田村。停車場の広さ、構造は野々口驛と同じ

◎龜甲石:線路の西側県道の傍らにある。とされている

◎日切地蔵:津山に向かう道の左側にあって、日を限って願をかければ、必ず成就するとの言い伝えがあり、参詣する人が多いとある。

●津山驛:津山驛、津山町の紹介記事はなく、次号に譲るとある。

読み終えて

路線の紹介記事において、当時の様子を垣間見ることができる。一つは路線中、金川、福渡、弓削の位置づけ、隆盛なる点であり、同じ、現在の快速停車駅である、亀甲のそれは、位して低かったことがみてとれる。誕生寺の扱いの大きさから、寺社の信仰、又観光面での位置づけの大きさがわかる。管掛、岩子の藪の佳景なるとの紹介箇所は、過日、ノスタルジーの徐行区間と同一なる点など興味深い。私の読解力の不足なる点、印刷(コピー)が不明瞭なる点などにおいて、文意を全て理解できたとは言い難いものの、中國鉄道の歴史を見るによい参考書である。

                                 2018/5/9 記

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com