JR発足30周年記念

が運転されました。

生憎の雨模様でしたが、10月15日、岡山→新見→津山→岡山のノスタルジーの臨時列車が運転されました。指定券を採ろうとしたんですが、3秒で売り切れたとか・・・、と言うことで、いつもお世話になっているtwitter name「サンライズ琴平」さんから、画像をお借りし、ノスタルジーの旅を楽しんでみました。恒例行事ともなり、各停車駅での​おもてなしにも磨きがかっかてきたように思います。列車の運行案内はこちらから(JRサイト)

岡本さんからも、走行シーンの画像提供いただきましたので、一部再構成しています。(10/19)

Okayama excursion train
Please click a button of the station you like.

 

​姫新線80周年記念号、伯備線回送時(2016/10 撮影:岡本さん)

​ススキの中を行く「80周年記念号」(2016/10撮影:岡本さん)

​弓削~神目を行く、列車(撮影:岡本さん)

 

「JR発足30周年記念」を冠したヘッドマーク

​列車のサボ。岡山ぐる~り

​岡山駅発車標。行き先「岡山」となります。

 

倉敷駅停車中の列車。倉敷からも乗車できます。

発車標は「団体」。ここから、伯備線。「やくも」が迫ります。

 

歓迎幕でのお出迎えです。

​「山手福山合戦太鼓」の披露でおもてなし

​ここでは「観光ノスタルジー」

 

「高梁少年・少女合唱団」の皆さんもお出迎え。

​幕回しのサービスでは、「急行」も出現!

​販売コーナーの皆さん、合唱団の見送りをうけて、高梁出発

 

​新見に到着。裃姿の皆さんは「土下座まつり」の方でしょうか?

​駅前に設えられたショップでは、「新見グルメ」を味わいました。

​新見では、乗客を降ろし、車両は転線。姫新線の旅路へ

​雨に煙る中国勝山に到着。こちらでは、恒例の餅つきの披露。お餅は、車内でおすそわけされたとのことです。

 
 

​「さくようほいくえん」の皆さんの歓迎を受け、津山着

​「歓迎幕」でお出迎え。後方は因美線の120.

​ホームでは津山グルメを販売。女性登場編(撮影:岡本さん)

 

​「すぎ茶屋」さんのコーナー。いつも売れ行き好調。今回は?

​賑わう駅上屋下の販売ブース。地元の皆さんが、出店中。

​見送りを受け福渡を出発。次は終着岡山。JRの職員さんもお見送り

 

津山駅2番ホーム二停車中の列車、発車前(撮影:岡本さん)

​野々口:ここでも定期列車と交換(撮影:岡本さん)

弓削発車:副本線に退避し、定期列車と交換(撮影:岡本さん)

​野々口を出て、手立に向かう列車(撮影:岡本さん)

​福渡駅:恒例の三列車並び。岡山色が消え少々寂しい。

暗闇迫る玉柏駅:副本線に退避し定期列車と交換(撮影:岡本さん)

 

​およそ9時間の旅を終え終着「おかやま~」

​いやー、よく食べ、よく飲んだ。明日から、又頑張ろう!

​車内販売コーナー:これがあればとても便利(津山駅で岡本さん撮影)

​漫遊ノスタルジーの様に、岡山駅の山陽線下りホームに発着させる為、気動車区から、山陽線上り線に入り、瀬戸駅等

​渡り線のある駅に回送の上、下り線へ転線し、岡山駅に入る。

 

【ノスタルジー臨時列車情報】

11月は、スローライフ、他に団臨として走るようですが、冬臨の設定はないとのこと。観光列車を走らせるには相当な手間がかかります。​関係者の皆様お疲れ様でした。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com