津山線と沿線の話題を!

津山線とは:県都岡山と県北の中心都市津山を結ぶ、非電化、単線、58.7kmのJR西日本の地方交通線で、自動閉塞(特殊:駅間1閉塞)で最高速度は95km。SRC※。2016年度の輸送密度は3623人/日(JR西日本「データで見るJR西日本2017」から)、Line Colorは(山吹色)。

Small scale Route Control:信号や分岐器を自動操作する単線区間に用いられるシステム。津山線は2020年度更新予定

明治25年の「鉄道敷設法」により、姫路~鳥取~米子線、倉敷~米子線の共に、敷設が検討されたが、官設は果たせず、明治31年に中国鉄道(現在の中鉄バス)により中国地方2番目の鉄道として開通、2018年120周年を迎える。資金調達は、山陽鉄道と異なり、財閥中心でなく、県外は大阪を中心に、県内は沿線各地からも多くの個人応募があり、鉄道敷設への期待の大きさが伺われた。

昭和19年国有化。昭和62年JR西日本に継承。新幹線岡山延伸により、陰陽連絡線の一翼を担うも、智頭急行の開通によりその役目を終え、現在は岡山~津山の都市間連絡、両市への通勤・通学輸送を担っている。

津山まなびの鉄道館開設、観光列車「ノスタルジー」投入を契機に、県北の利用客の流動を高めていくことが求められ、津山線はその役割を担う。

 

​沿線等の話題・イベント

手立隧道に向け登る列車 岡本さん

野々口~牧山を行く列車

津山扇形機関車庫の昔日の様子を伝えるクリアファイル。転車台設置時、扇形庫完成後の2種。津山江見写真場。鉄道館にもあります。

詳しくは、こちらを

New! スライドにポストカードも追加しました。

「柵原の展示運転日は」毎月第一日曜

詳しくは下のバナーをクリック下さい。

11月の展示運転日の吉ヶ原

​津山線(鉄道)関連の話題

現在は、新たに加わったキハ40と共に定期列車の運用に入っています。

(撮影:岡本さん)

JR西日本のデータで見る・・・の路線(区間別)輸送実績によると、2018年度は輸送密度3557人/日運輸収入774百万円。他の県北路線同様漸減方向です。

​詳しくはこちらを

 
 

津山線は、岡山都市圏に乗り入れる路線として混雑率データが国土交通省の統計で公表されます。7:20~8:20の福渡➡岡山で定員784に対し659人を輸送し84%の混雑率です。

​詳しくはこちらを

​鉄道展示・体験施設の紹介

 

下線部からリンクしています(イベントは随時追記します)

JR路線図
コスモス 亀甲.jpg

亀甲駅2019-9

福渡​​~建部を行く列車

​2019-7(撮影花江さん)

福渡~建部 2019-7-6
法界院 2019-8-31

法界院駅 2019-8 撮影:岡本さん

 

みまさかのことならなら、話題豊富な                                              さん

列車運行時のおもてなし、歓迎の様子は、それぞれの記事をクリックしてください。DC時のチラシはこちら28秋以降のノスタルジートレインのチラシはこちら

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

拡大