花便りが本格的な春の訪れを知らせると、花見(花を見て、遊び楽しむ)の季節。

​津山線も「さくらまつ」のHMを掲げた列車が往来。そして、満開を迎えた4月6日には、「夜桜列車」が走りました。又、定期列車も観桜の人々で混雑。増結対応の列車もあった様です。一年で最も華やかな津山線の表情を岡山在住の皆さんに撮影いただきました。岡本さん、花江さん。河西さんありがとうございました。

牧山駅 跨線橋.jpg
牧山駅.jpg

毎年美しく彩られる牧山の桜です

​いつもの津山方からとは違ったアングルから

野々口駅.jpg

野々口駅2番ホームの桜です。カバヤの駐車場の桜も競います。

金川さくらまつり.jpg

金川の宇甘川沿いの桜並木。丁度「さくらまつり」が行われています

建部駅.jpg

建部駅の津山方にも大きな桜の木があり、とても綺麗です。撮影する人の姿も・・・

岡山県北への春の訪れを告げる「津山さくらまつり」のHMを掲げた列車。今年は、3月下旬からだったようです。

金川駅.jpg

​金川駅

​福渡~建部

建部桜俯瞰.jpg

​建部を行く列車を俯瞰(河西さん)

​桜も満開、好天にも恵まれた4月6日、夜桜列車が運転されました。往路は15:53岡山発で途中ドア扱いなし津山17:25。復路は津山20:31発(今年は快速停車駅で乗降可)岡山22:07

​〔駅に入る列車〕
夜桜列車チラシ
夜桜列車 牧山.jpg

往路:牧山 ダイヤ上では957Dと交換

夜桜列車金川.jpg

往路:金川 ダイヤ上では3941Dと交換

​〔走行シーン〕
夜桜列車 牧山~野々口.jpg

往路:手立トンネルを出て野々口駅へ下る辺り。跨線橋からか?この辺りもこの冬、PC枕木へ交換されました。

夜桜列車金川~建部.jpg

往路:金川~建部 宇甘川鉄橋を越え、川に沿って田園の間を箕地トンネルに向けて走ります。

​〔津山駅の列車〕

ここからは、津山線下り9981Dとなります。

夜桜列車復路 津山1

復路:2番線に入線した列車。津山線は通常4番線から発車ですが、定期列車優先の為か

夜桜列車HM拡大

​ヘッドマークのデザインは新しいものでした。

乗客を待つ夜桜列車 津山

​乗客を待つ列車。まあまあの乗客とか​岡山到着時は座席の半分程度とのツィートも見かけました。

夜桜列車復路 弓削.jpg

復路:弓削で964Dと交換。10分程度待った様です。亀甲では、ダイヤ上では定期列車が待ったのでは・・・

夜桜列車復路金川交換.jpg

■津山線は跨線橋を見れば、どこの駅かわかりますよね・・・

復路:金川で120の966Dと交換。通常臨時列車が途を譲りますが、金川は、津山方からは2番線にしか入れないため966Dが発着番線を変更します。

建部駅.jpg

左(スマホでは上)の写真は、桜の花越しの列車を撮影する男性が偶然映り込んだものです。この方が鉄道ファンかどうかはわかりませんが、桜と列車は絵になるんでしょうね。私はこの男性が映り込んだ画像も、絵になると思います。​撮影していただいた、岡本さん、花江さん、ありがとうございました、

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com