◇画像をクリックすると拡大します。

2018-9-20補訂

このページの作成にあたっては、久保豪著「津山線・吉備線百年史」を参考にさせていただきました。又、JTB発行の復刻版時刻表、Web版時刻表、等により作成しております。

明治31年開業時2019-7-13 一部修正.png

​明治31年

出展:久保豪著「津山線・吉備線百年史」

 

▷明治31年 中国鉄道開業

高瀬舟で6時間を要した岡山金川間が40分になり、人力車の激減、高瀬舟に荷物も、鉄道に移行し、岡山河岸の仲仕は半減とあり、大きな打撃を受けたとみられる。[出典:御津町史]

▷明治37年 岡山駅延伸

▷明治43年 法界院駅開業

​明治43年

​出展:久保豪著「津山線・吉備線百年史」

中国鉄道明治43年10月時刻表2019-7-13.png
 

▷大正12年 津山⇒津山口改称、津山口~津山延伸(作備線支線)、佐良山停留所開業

▷昭和4年 原、神目停留所開業

▷昭和9年 室戸台風の水害で、旭川橋梁流出

▷大正元年 牧山停留所開業

中國鐡道ガソリンカー導入

​昭和15年

​出展:「中鐡九十年の歩み」より

昭和11年岡山~津山で2時間を切っている。15年でも、気動車(ガソリンカー)で1時間代。蒸気機関車では2時間強。混合列車は、貨車入換有、3時間以上。

中國鐡道旭川橋梁流出
中國鐡道旭川橋梁流出
 

渡船連絡の入った時刻表

旭川橋梁の流出はこちらの画像から

​昭和17年

​出展:久保豪著「津山線・吉備線百年史」

中國鐡道戦時下ダイヤ

昭和17年の時刻表では2時間を超えている。ガソリン規制で、気動車に木炭瓦斯発生装置設置。但し、吉備線のみの運用だった模様。

▷昭和19年6月 中国鉄道国有化

​出展:久保豪著「津山線・吉備線百年史」

津山線国有化
 

​昭和19年

​昭和22年

津山線終戦直後

岡山~津山:7往復、岡山~福渡:1往復。所要時間は概ね2時間半。蒸気機関車牽引列車だったと推測

650番代は3時間上:混合列車?

​JTB復刻版時刻表参照

▷昭和24年 日本国有鉄道(国鉄)発足

​昭和25年

​JTB復刻版時刻表​参照

国鉄初期

岡山~津山:8往復、岡山~福渡:1往復。所要時間は概ね2時間。​SL牽引列車だったと推測

≪注目点≫列車番号:通常列車番号は下りが奇数、上りが偶数となる。昭和22年は津山⇒岡山:偶数​昭和25年は津山⇒岡山が奇数(下り)となっており、それは現在迄続いている。一説には、津山からの方が基点東京に近いからだとあるが・・・

▷昭和29年 気動車(岡山~福渡)41500型7両⇒津山線へ(推測)

​出展:久保豪著「津山線・吉備線百年史」

国鉄津山線気動車化

津山⇒岡山時刻表

津山~岡山:8本。区間列車は、津山~福渡:1。福渡~岡山:4本(うち3本気動車。気動車は岡山機関支区の担当範囲だけの運行​だったようだ。

 

​昭和29年

▷昭和31年 小原駅開業

開業の様子はこちらの画像から

▷昭和31年 ディーゼルカーキハ16、17(岡鉄局在籍昭和32年以降)

​昭和31年

 

​JTB復刻版時刻表参照

津山線キハ17導入

津山⇒岡山時刻表

津山~岡山:13本。気動車が導入されたようで、610番代汽車。以外は気動車。鳥取発、加茂、河井、玉柏発とかも。快速表示はないが、美作加茂発の列車、津山~岡山1時間22分です。

▷昭和35年 準急ひるぜん登場(昭和43年急行化)

​昭和36年

​JTB復刻版時刻表参照

津山線優等列車導入

津山⇒岡山時刻表

準急「ひるぜん」登場。所要1時間16分です。津山~岡山:15本。夕方に快速設定があります

▷昭和37年 砂丘(準急⇒昭和41年急行・44年グリーン車)

▷昭和43年 津山駅にみどりの窓口設置(県下3番目)

​昭和46年

​JTB時刻表​参照

津山線週末やまのゆ・砂丘

津山⇒岡山時刻表

急行「ひるぜん」、「砂丘」各1本。岡山津山間78分~80分。

この年3月に無煙化されたが、4本の客車列車が設定。普通は90分~120分。鳥取直通7本。

勝山発も3本。そのうち注目は、「週末やまのゆ」広島~岡山~津山勝山の列車で、土曜日、併結で急行。日曜は岡山迄普通で運転された。翌年昭和47年の新幹線

岡山延伸により、陰陽連絡の幕が切って降ろされる

▷昭和46年 SL廃止⇒DL牽引、野々口、弓削、亀甲フロント委託化。 玉柏(運転要員有、牧山、建部、神目、誕生時、佐良山、津山口無人化

▷昭和47年 新幹線岡山延伸(陰陽連絡へ)

▷昭和48年 津山線 貨物廃止

◇昭和47年7月に伯備線が水害で不通になり、「やくも」

 の迂回運転の為、キハ181が津山線に入線

津山線走行の様子はこちらの画像から

津山⇒岡山時刻表

「ひるぜん」快速化、「砂丘」3往復(内1往復は津山~みささ併結)。客車列車は1本設定。普通は90分~120分。鳥取直通、普通7本。快速も4本設定(福渡以南は各停)

津山線陰陽連絡

​昭和55年

WEB版時刻表参照

 

▷昭和57年 6月30日 客車列車廃止

▷昭和57年 CTC化(通票閉塞→自動閉塞):玉柏棒線化で、運転要員廃止。牧山交換駅化(閉塞区間の適正化?)

▷昭和58年 野々口駅無人化・津山駅自動券売機設置

▷昭和62年 JR発足

​平成2年

​JTB時刻表参照

JR以降ダイヤ

津山⇒岡山時刻表

「砂丘」5往復内1往復亀甲、弓削通過。64分。「みささ・みまさか」は廃止。全列車気動車。普通は90~100分。普通の鳥取直通無し。

▷平成8年高速化完成

津山⇒岡山時刻表

「砂丘」5往復。内最速58分。高速化工事後も急行は最高速度は85kmのまま。既に高規格の智頭急行が開通しており陰陽連絡機能は、そちに移っていた。

高速化事業直後ダイヤ

​平成9年

​JTB時刻表参照

 

▷砂丘廃止⇒陰陽連絡から都市間連絡へ

▷急行つやま、快速ことぶき誕生

​平成11年

​JTB時刻表​参照

ことぶき登場

津山⇒岡山時刻表

「つやま」:砂丘車両で1往復設定。その後車両は58系から一般形48へ変更。快速「ことぶき」の名称は公募。窓枠濃いグレーの専用車。指定席は不評でやがて廃止。

▷急行つやま⇒一般形48系へ⇒平成21年廃止

​平成28年

​JTB時刻表参照

平成28年ダイヤ

津山⇒岡山時刻表

「快速ことぶき」7.5往復ダイヤ定着。120の運行は2往復のみ。岡山DCに合わせ、ことぶき2往復が、みまさかノスタルジーで土日運転。

​※「みまさかノスタルジー」:岡山ディスティネーションキャンペーン中に、岡山~津山に設定

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com