2019-4-11 補訂

平成の30年間を“津山線”を中心にまとめてみました。※久保豪氏著「吉備線・津山線百年史」他参照

おもな出来事

H1:急行「砂丘」5往復化 急行「みまさか・みささ」廃止⇒転用   ■キハ40系体質改善

H2:「津山鉄道部」発足 ワンマン運転開始  

​H4:「砂丘」車両 “「砂丘色」へ(アコモ) 

H7:亀甲駅「亀の駅」(地域活性化センター)に改築 

H8:3月改正でキハ120導入開始。 11月 高速化工事完工 

亀甲駅.JPG

 ■キハ40系:冷房化 330PS化

H9:「砂丘」廃止。キハ58系「つやま」へ。快速「ことぶき」デビュー 

 ■地域色:グレー枠の岡山快速色、岡山色

H10:神目駅(神社風) 誕生寺は内装。野々口駅の改築

H12:津山鉄道部から支社直轄⇒H20鉄道部廃止。 H13:「ことぶき」指定席(16席)廃止

H15:急行「つやま」キハ58系から48(一般形)に(遜色急行と揶揄)⇒H21;廃止(快速化)

急行つやま広島色.JPG

H17:2月牧山~玉柏で回送列車が落石により脱線不通、3月復旧  金川駅がRC構造に改築

H18り始発列車が牧山~玉柏で落石により脱線横転し不通(バス代行、区間運転)翌年3月に復旧。度重なる落石ににより、事故当該区間他にも擁壁、落石検知線の設置等対策実施。

​H21キハ40系の塗装、再び首都圏色に(合理化)

​H28:岡山DCにあわせ、キハ47を旧国鉄色に模した「ノスタルジー」が登場「みまさかノスタルジー」運転 ラインカラーを山吹色に設定。駅名標更新(~H30)

​H307月豪雨により、玉柏~野々口で不通に。約1ケ月後に全線復旧。詳細はこちらから

「津山線開業120周年」記念事業実施。​  ■キハ120リニューアル車登場

​H31:佐良山駅がリニューアル(JR)

設備面では、枕木PC化、駅の列車情報端末の設置

岡山市と合併した御津・建部地域では、駅前整備を実施。H30には野々口駅。

列車ダイヤの変化

■列車の本数は、ほぼ同数

陰陽連絡⇒都市間連絡・通勤に特化したダイヤに

岡山・津山間の列車  ■急行:5本 快速:1 普通:乗継を含め14本

岡山・津山間の列車  快速:8 普通:14本

赤枠:早朝の下り(岡山始発「のぞみ」接続)、橙枠:快速補完の各停

津山線各駅乗車人数推移2019-4-11.png

利用客は

​快速停車駅

津山線快速停車駅乗車人数推移2019-4-11.png
津山線沿線の人口変化2019-4-11.png
岡山市・その他市町村人口推移2020-7-7.png

参考:沿線人口推移

​​​JRのHPから)

​沿線人口

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com