​*2016年5月:ホームページ開設しました。

     ----------------------------------

2020年

2020/春の国鉄急行色登場と桜はこちらへ。ダイヤ改正の話題こちらへ駅舎改築の話題はこちらへ
・8月5日:今回の特集「切符 いろいろ」。9/21 Archive「今回の特集へ」再アップしました。こちらから
・8月7日:プラス(plus)の「ちょこっと鉄道見て歩き(記)」に阪堺電車編をアップしましたこちらから
・8月28日:「最近の津山線」を一部更新しましたこちらから
・9月3日:プラス(plus)の「ちょこっと鉄道見て歩き(記)」に関西線非電化区間編その1をアップしました。こちらから
・9月17日:「最近の津山線」・「今回の特集(鳥居と津山線)」更新しました。こちらから
・10月15:「ちょこっと鉄道見て歩き(記)」に「大阪のローカルな支線巡り」をアップしました。こちらから

​■最近の「津山線 Tsuyama Line」

​黄色く色づいた稲田の中のキハを追いました。​  上段3枚は撮影:河西さん
備前原駅(撮影:河西さん)

備前原駅

3937D 福渡~建部.jpg

3937D 福渡~建部

3931D 佐良山~亀甲.jpg

国鉄一般色を先頭に行く3931D

​(佐良山~亀甲)

牧山~玉柏(撮影:河西さん)

牧山~玉柏

950D福渡~神目.jpg

950D 福渡~神目

947D誕生寺~弓削.jpg

国鉄急行色を先頭に行く947D

(誕生寺~弓削)

野々口~牧山

957D 弓削~神目.jpg

957D(弓削~神目)

949D佐良山~亀甲.jpg

浜田色・岡山色混色編成949D

(佐良山~亀甲)

神目駅 9/15

神目駅 外観

​9/15

弓削駅・駅前花壇

弓削駅 外観

​9/16

亀甲駅舎内部

亀甲駅 駅舎内部

​9/15

今回の特集は

​里山の中を行く津山線沿いには、鳥居がいくつか見られれます。今回はいくつか紹介します。

​🔶松尾神社(野々口~牧山)

2016-11-19  キハ120  牧山~野々口.jpg

​岡山市北区下牧にある神社。牧山を出た列車が手立隧道に向かう坂に架かる辺りの山手にあります。下を通る県道からも視認できます。

​岡山県神社庁の紹介ページはこちら

撮影:花江さん

​🔶利国神社(金川~建部)

鳥居と津山線 利国神社 金川.jpg

金川駅の近く、駅を出た列車が宇甘川鉄橋に向かう途中の線路に寄り添うように立っています。金川病院とスーパーの間の路地から辿り着けます。境内には、小さなお社があるだけですが、奇麗に手入れされています。県の神社庁のHPには記載がりません。津山線建設の殉職者の慰霊塔、死亊工夫の墓はすぐそばにあります。

​🔶瀧川神社(神目~弓削)

鳥居と津山線 瀧川神社.jpg

​久米南町の弓削駅近く、53号線と県道勝央仁堀中線の交差点、津山線の全間(またま)踏切の近くににあります。列車からだと、53号線を隔てているため、視認することは難しいのではないかと思います。神社の云われは、津山往来のこちらに記述があります。岡山県神社庁のHPはこちら

​🔶諏訪神社(小原~亀甲)

2019-8 諏訪神社鳥居.jpg

​美咲町原田にあり、岡山県神社庁の紹介ページはこちら

津山街道(旧53号線)から、小高い山の上にある神社へむかう参道が

​津山線を横切ったところにあります。現在では、参詣は主に車利用となり、近くの跨線橋を渡り、写真の鳥居手前左側から、参道に入ります。

​🔶佐良神社(津山口~佐良山)

鳥居と津山線 佐良神社.jpg

​津山市一方にあり、岡山県神社庁の紹介ページはこちら

鳥居は、53号線沿いと、津山線沿いにあります。津山口を出た列車が、左にカーブしながら築堤を登り、切通にかかる辺りにあります。

小さな社 亀甲~小原

​亀甲~小原の、新城口踏切の亀甲寄りに、田んぼの中に小さな社があります。農業の祭神が祭られているのでしょうか?

2018-3-6 944D誕生寺山門から.jpg

​誕生寺の山門からは、真っすぐに伸びる参道の先、津山線が第二十陸橋で参道を跨ぐ辺りを行く列車が見えます。

​誕生寺のホームページはこちらから

 
 
 
 

吉井川水系 皿川

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

2017-1-23  津山線 凍てつくレール