暑い夏、列車に揺られながらビールを味わって乗り切ろうと、恒例のビール列車が、ノスタルジー車両で、岡山⇔尾道で運行されました。詳細はJRのニュースリリースから​。それによりますと、往路は岡山10:22発➡笠岡➡尾道11:55。復路は、尾道15:38➡里庄➡岡山17:09のダイヤです。岡本さんの取材された、画像で、運行の様子を紹介します。今回は、回送時の車内の様子、スタッフの皆さんの写真等もご覧下さい。

山陽線下りへの運行では、いつも瀬戸へ送り込み回送し、岡山駅の下りホームへ入線させますが、今回は万富です。

停車中の列車と一緒にスタッフの皆さんに記念写真をお願い?

KIRIN BEER TRAIN SHIMANAMI

万富駅の中線に到着です。

車内 「一番搾り」

車内:提灯もさがり、動くビヤガーデン

貨物列車との並び

珍しい!、キハとEF210の並び

スタッフの皆さん

◇ちょっと

以前は、キリンの工場への引き込み線があった様です。Google Mapへ

ビール列車車内

◇ちょっと

キリン「一番搾り」(キリンビールのサイトへ。成人限定)

車内:エンドには、恒例の売店。

万富~瀬戸

万富を後に、「臨時」幕を出し岡山に向けて下る列車。

笠岡~大門

往路:笠岡~大門を行く列車

因島、尾道水道を車窓に眺め、尾道に到着(画像:Google Map Street View)

尾道は、四国今治とを結ぶ「しまなみ街道」の出発点、尾道水道と山に挟まれ坂の多い美しい街との印象です。映画のロケ地にもなりました。尾道市の観光案内はこちらから。列車は尾道到着後、電留線のある糸崎へ、帰路の運行に備え暫く休憩です。 

糸崎⇒尾道回送

「回送」幕を出し、車両基地のある糸崎から尾道に向かう列車

帰路:笠岡~里庄

​帰路、笠岡~里庄を行く列車

尾道駅

◇ちょっと

尾道駅は「瑞風」の運行に合わせ、改築されます。JR西日本のニュースリリースへ

​尾道に停車中の列車。「臨時」幕を出し。準備OK

サイドビュー 万富

​列車のサイドビュウです。(万富で撮影)「団体専用」の表記

◇ちょっと

笠岡~大門には、明治と大正生まれの「金ケ崎隧道」(岡山県近代化遺産報告書 交通編へ)があります。上りが明治24年製のトンネルを通過します。

今回の運行ダイヤは、「ラ・マルしまなみ」と同じ時間帯ですが、スジは異なっています。恐らく途中駅には、停車しない快速運転だと思いますが、往路で笠岡、復路で里庄で、10分程度の停車時間があり、​後続の定期列車(各停)を退避しています。スペック上の最高速度こそ、電車(115系):100km/hとキハ47:95km/hですが、速度種別ではそれぞれ90km台、70km台、加減速性能も加味すれば、こういうダイヤになるのかなという感じです。(管理者記)

​​追記:上記停車時間は、トイレ休憩も兼ねているそうです。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com