糸魚川から来津キハ52-115。兄弟は糸魚川と千葉に

キハ120の岡山色が、新潟の糸魚川を起点に大糸線に移籍し活躍中。移籍したのは、キハ120-329、341、354の3両。代わりに、糸魚川からは、キハ52-115が津山の扇形庫に。

​撮影:糸魚川 赤野さん

春:根知駅に花の咲く頃。キハがやって来た。

夏:向日葵の咲く中を行く120​

春:桜咲く頃

 夏を迎えた大糸線。登山者の賑わいが・・山吹と赤の120のラインカラーが映える。 

 

秋:コスモスの咲く里山を行くキハ120単行

初冬:積雪の山を背に。もうすぐ里も雪に

冬:降りしきる雪の中の列車交換

秋本番:ススキが風にそよぐ中を行く120

冬:久々の晴れ間、雪煙をあげて行く120

晩秋:紅葉も過ぎ、冬支度の木々の中を

新緑2017春

​再びの春、木々も芽吹き、新緑が眩しい頃です

​大糸線の列車は、昨年12月の大火からの復興を目指し、「がんばろう糸魚川」のステッカー掲げて走っています。『頑張ろう!糸魚川』

「がんばろう糸魚川」

大糸線

とは?

長野県の山の街 松本市と、日本海に臨む海辺の街 新潟県の糸魚川市を結ぶ大糸線。南小谷(みなみおたり)から北は、非電化のJR西日本の区間で姫川の渓谷に沿い走る。信濃大町を通る為、大糸線になったか?

​以前は、新宿から気動車急行が直通していた。現在は、糸魚川で北陸新幹線と連絡する。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com